食品加工用機械災害

スポンサーリンク
スポンサーリンク

食品加工用機械災害

1 食品加工用機械の種類

労働安全衛生規則で定める食品加工用機械の種類は、以下のとおりです。

[1]食品加工用切断機・切削機
スライサー、チョップカッター、バンドソー等の刃部により、食品の原材料の切断又は切削を行う機械。
[2]食品加工用粉砕機・混合機
ミキサー、ミル、らいかい機等の回転する可動部分によって、食品の原材料の粉砕、破砕、混合、混練又は 攪拌を行う機械。
[3]食品加工用ロール機
製麺用ロール機、製菓用ロール機等の食品の原材料を圧延する機械。
[4]食品加工用成形機・圧縮機
おにぎりの成形機、マカロニの押し出し機、果実の圧搾機等の圧力を加えることによって食品の原材料の成形、型抜き、圧縮又は圧搾を行う機械。

images (5)

2 食品加工用機械災害の発生状況

食品加工用機械による休業4日以上の死傷災害は、年間2,000件近く発生しており、他の産業機械による災害に比べ、特に多い状況にあります。労働安全衛生総合研究所で実施した災害分析によると、食品加工用機械による災害は、身体部位の切断や挫滅(組織がつぶれること。)により身体に障害が残る可能性のあるものが全体の1/4を占めています。また、機械の種類としては、①切断・切削関係、②粉砕・混合関係、③ロール関係等の順に、災害が多く発生していることが明らかとなりました。

食品加工用機械災害の発生状況

3 食品加工用機械災害の対策

食品加工用機械による休業4日以上の死傷災害が、他の産業機械に比べ、特に多い状況であることを踏まえ、機械の危険な部分への覆いの設置や、食品の原材料の送給・取り出し時の運転停止、用具の使用などが法令である労働安全衛生規則(省令)PDFが開きます外部リンクが開きますが改正され平成25年10月1により義務付けられました。各対象機械(作業)において、対策を講じることが求められています。

対象機械(作業) 安全対策 対象法令
食品加工用切断機・切削機 ① 機械の危険な部分に覆い等を設置
② 原材料の送給・取り出し時には、原則として、機械の運転を停止・用具等を使用
安衛則第130条の2
安衛則第130条の3
安衛則第130条の4
食品加工用粉砕機・混合機 ① 機械の開口部への蓋等の設置
② 原材料の送給・取り出し時には、原則として、機械の運転を停止・用具等を使用
安衛則第130条の5
安衛則第130条の6
安衛則第130条の7
食品加工用ロール機 ① 機械の危険な部分に覆い等を設置 安衛則第130条の8
食品加工用成形機・圧縮機 ① 挟まれ・巻き込まれの危険があるときは、機械に覆い等を設置 安衛則第130条の9
機械の「調整の作業」
※掃除等の場合の運転停止等
安衛則第107条

images (8)

スポンサーリンク