騒音性難聴

スポンサーリンク
騒音性難聴

激しい騒音に長時間さらされることで起こる難聴。

金属研磨や鋲打ちなど、慢性的に騒音のある職場において作業することで起こるため、職業病ともいえる。

騒音性難聴

純音聴力検査によって検査され、特に高音域の聴力障害を示す。

放置していると、より高音域、次に中音域、低音域と進行する。

予防としては、耳栓などの防音具の装着、防音対策、作業時間の短縮などが必要である。

騒音性難聴 耳栓

関連記事:防音保護具の正しい選び方、使い方

スポンサーリンク