全国労働衛生週間

スポンサーリンク
全国労働衛生週間
スポンサーリンク

全国労働衛生週間

1 全国労働衛生週間とは

全国労働衛生週間は、労働者の健康管理や職場環境の改善などの労働衛生に関する国民の意識を高めるとともに、職場での自主的な活動を促して労働者の健康の確保などを図ることを目的とした取り組みを行う週間です。全国労働衛生週間は、昭和25年から実施されています。その後の事業場における自主的な労働衛生管理活動を通じた労働者の健康確保などに大きな役割を果たしています。

毎年10月1日から10月7日までが本週間であり、その実効を上げるため、9月1日から9月30日までが準備期間となっており、それぞれの職場でさまざまな取り組みが展開されています。

2 主唱者、実施者等

全国労働衛生週間は、厚生労働省と中央労働災害防止協会が主唱者となり、これに、各労働災害防止協会が協賛し、関係行政機関、地方公共団体、安全関係団体、全国安全会議、地方安全会議、労働組合、経営者団体が協力者となり、実施者である各事業場が各種の行事や労働衛生活動にかかる総点検などを行います。

全国労働衛生週間

3 全国労働衛生週間及び準備期間における実施事項

主唱者及び協賛者は、全国労働衛生週間及びその準備期間において、労働衛生広報資料の作成・配布、広報など全国労働衛生週間にふさわしい行事などを行います。また、協力者に対し、支援や協力を依頼します。

実施者である各事業場においては、それぞれの実情に応じて、本週間及び準備期間において、次のようなことを行います。

(1)本週間に実施する事項

  • 全国労働衛生週間の期間において、各事業場では、事業者などによる職場巡視、安全旗の掲揚、スローガンなどの掲示、労働衛生に関する表彰、労働衛生に関する作文、標語などの掲示、緊急時の訓練など労働衛生の意識高揚のための様々な行事を行います。

(2)準備期間中に実施する事項

  • 全国労働衛生週間の準備期間においては、各事業場で労働衛生水準の向上を図るため、日常の労働衛生活動に係る総点検を行います。
  • 総点検は、各事業場の実情を踏まえて行われ、その内容は、メンタルヘルス対策、過重労働による健康障害防止対策、労働衛生管理体制の確立、作業環境管理、作業管理、健康管理、労働衛生教育などについてです。
スポンサーリンク