「 労働安全衛生用語 」一覧

衛生管理者

衛生管理者

事業者は、業種を問わず常時使用する労働者の数が50人以上である場合には、衛生工学衛生管理者、第一種衛生管理者、第二種衛生管理者、医師...

記事を読む

衛生委員会

衛生委員会

労働者の衛生に関する調査審議を行う委員会で、常時50人以上の労働者を使用する全ての事業場に設置が義務づけられている(安衛法第18条)。 ...

記事を読む

一酸化炭素中毒(CO中毒)

一酸化炭素中毒(CO中毒)

一酸化炭素を吸うことで引き起こされる、急性の中毒。 無色・無臭である一酸化炭素が、血中のヘモグロビンと結合して酸素供給能力を低下させる...

記事を読む

石綿とは

石綿とは

1. 石綿とは 石綿(アスベスト)は、天然の繊維性けい酸塩鉱物の総称です。国際労働機関(ILO)は「石綿(アスベスト)とは蛇紋石および角閃...

記事を読む

安全帯

安全帯

安全帯 安全帯は、作業中の労働者の墜落による危険を防止するために用いられる保護具であり、ベルト、ロープ、フック等により構成され、その構...

記事を読む

安全管理者

安全管理者

「安全管理者」とは、以下の業種で50人以上の労働者がいる場所(事業所)において、必ず一人以上配置(専任)する必要があります。 ...

記事を読む

安全衛生責任者

安全衛生責任者

統括安全衛生責任者が選任された場合には、統括安全衛生責任者を選任した事業者以外の請負人で当該仕事を自ら行う事業者は、安全衛生責任者を選任しな...

記事を読む

安全衛生推進者

安全衛生推進者

安全衛生推進者 建設業、製造業など安全管理者を選任すべき一定の業種において常時使用する労働者の数が10人以上50人未満の場合に選任が義...

記事を読む

安全衛生教育

安全衛生教育

安全衛生教育 労働災害を防止するために、労働者の就業にあたって必要な安全衛生に関する知識等を付与するために実施する教育。 安...

記事を読む

安全衛生改善計画書

安全衛生改善計画書

職場における事故や災害を防止し、労働者の安全と健康の増進に努めるのは、事業者の責務です。(労働安全衛生法第3条他) しかし、実際に何を...

記事を読む