労働安全衛生用語

ヒヤリハット

ヒヤリハット ヒヤリ・ハットとは、重大な災害や事故には至らないものの、直結してもおかしくない一歩手前の事例をいう。 仕事をしていて、もう少しで怪我をするところだったということがあります。このヒヤっとした、あるいはハッとしたこ...
労働安全衛生用語

ハインリッヒの法則

ハインリッヒの法則 この法則は、労働災害における経験則の1つであり、 1つの重大事故の背景には、29の軽微な事故があり、その背景には300の異常が存在するという法則です。 ハインリッヒの法則(1:29:300の法則) ...
労働安全衛生用語

バードの分析

バードの分析 ハインリッヒの法則(1:29:300の法則)に似た分析に、Frank E.Bird Jr.による、バードの分析があります。1:10:30:600の法則とも言われています。 彼は、297社の175万件にのぼる事故報告...
労働安全衛生用語

特殊健康診断

特殊健康診断 特定の有害業務に従事する労働者に対して一般健康診断とは別に実施する健康診断。 法定のものと行政指導によるものがある。 法定の特殊健康診断には、有機溶剤健康診断、じん肺健康診断、歯科健康診断(歯またはその支持組織に...
労働安全衛生用語

定期健康診断

定期健康診断 年に1度以上の実施が必要とされている健康診断。さらに、特定業務(坑内労働・深夜業等の有害業務)に常時従事する労働者に対しては、半年に1回の実施が義務付けられています。問診から血液検査、胸部X線検査などの検査(年齢・対象者...
労働安全衛生用語

総括安全衛生管理者

総括安全衛生管理者 事業場の安全衛生管理についての実質的な最高責任者。 安衛法に規定された責任者。 事業者は、常時使用する労働者の数が100人以上の建設業等や300人以上の製造業等、規定された規模の事業場ごとに総括安全衛生管理...
労働安全衛生用語

騒音対策

騒音対策 騒音(そうおん、noise pollution)とは、騒がしくて不快と感じる音のことである。 騒音対策としては耳栓等の騒音対策グッツがある。 騒音の大きさは、周波数特性を踏まえ音圧レベルを補正した騒音計を用いる。...
労働安全衛生用語

生物学的モニタリング

生物学的モニタリング 生物学的モニタリングとは「有害物質に曝露した作業者の血液,尿,呼吸などを採取して,その中の有害物質やその代謝物の濃度,あるいは早期影響を示す指標を測定することによって,ヒトの曝露の程度を推測」すること。 生物学...
労働安全衛生用語

全国労働衛生週間

全国労働衛生週間 1 全国労働衛生週間とは 全国労働衛生週間は、労働者の健康管理や職場環境の改善などの労働衛生に関する国民の意識を高めるとともに、職場での自主的な活動を促して労働者の健康の確保などを図ることを目的とした取り組みを...
労働安全衛生用語

全国安全週間

全国安全週間 全国安全週間(ぜんこくあんぜんしゅうかん)は、毎年7月1日から7日までの7日間、職場における労働災害防止活動の大切さを再確認し、積極的に安全活動に取り組みをする期間、制度である。 厚生労働省と中央労働災害防止協会が主唱。 ...
タイトルとURLをコピーしました